スポンサードサーチ

児童手当の申請方法と必要書類

児童手当の申請方法と必要書類

児童手当は、申請をしなければ受給することができません。万が一申請手続きを忘れてしまっていたという場合、遡って児童手当を受給することはできませんので、忘れないように手続きしましょう。

ここでは、児童手当の申請方法と申請をする際に必要な書類について詳しく解説させていただきます。

 

 

児童手当の申請方法

児童手当は、中学校卒業までのお子様を養育している方に支給されます。
申請手続きをしなければならないというと少し面倒なようにも思えますが、この児童手当は、一度申請すれば「現況届」を毎年提出するだけで継続して支給してもらうことができます。
そこで最初だけは、頑張って手続きを行いましょう。

 

児童手当の申請は、お住いの市区町村役場に児童手当認定請求書をはじめとする必要書類を提出することによって行います。具体的にどの窓口に行けばいいのかということは各自治体によって異なりますので、気になる場合はホームページ等で調べておきましょう。もちろん、役所に出向いた際に案内してもらうことも可能です。

 

児童手当の申請をしなければならない時期に決まりはありませんが、赤ちゃんが産まれたらすぐに手続きをすることをおすすめします。
というのも児童手当というのは申請の翌月から支給されることになり、例えそれ以前に受給資格があったとしても申請をしていない以上、遡って受給することができないのです。

 

 

申請の際に必要となる書類

 

児童手当の申請は、お住いの地域の市区町村役場に必要書類を提出して行います。
そして申請の際には、以下のような書類が必要となります。

 

  • 児童手当認定請求書
  • 請求者本人の健康保険証のコピー
  • 請求者本人名義の口座のキャッシュカードもしくは通帳のコピー
  • 印鑑

 

またこれ以外にも自治体によっては、所得証明書や住民票の提出が必要になることがあります。

スポンサードサーチ