スポンサードサーチ

児童手当の現況届が届かない場合

 

児童手当の現況届が届かない場合

児童手当を初年度以降も継続して受給するためには、毎年1回、現況届を提出しなければなりません。

ところがこの現況届、何らかのアクシデントによってご自宅に届かない場合があるのです。
ここでは、現況届が届かない場合にどうすればいいのかということについて、わかりやすく解説させていただきます。

 

 

現況届とは

初年度以降も児童手当を継続して受給するためには、年に1度、現況届を提出しなければなりません。
現況届の様式は自治体によって若干異なりますが、受給者の氏名や住所、収入、健康保険証の種類、監護の有無などについて記入し、各自治体に対して提出します。
この現況届は毎年6月上旬に自宅に送付され、期日内にこれを返送しない場合、翌月以降の児童手当を受給することができなくなってしまいます。

 

つまり現況届は、児童手当を受給し続けるために非常に重要な書類であるというわけですね。

 

 

現況届が届かない場合どうすればいいのか

児童手当を受給するうえで非常に重要な書類である現況届ですが、ごく稀に、この現況届が送付されてこないという場合があります。
まず現況届が届かない原因についてですが、

 

  • そもそも児童手当の申請をしていない
  • 引っ越した際に転入、転出手続きをしていない
  • 自治体の手続きが遅れている
  • 郵便事故

 

といったことが考えられます。

 

そこで6月中旬になっても現況届が送付されてこないという場合には、まず児童手当に関する手続きをきちんと行っているかどうかを確認してみましょう。
そして確認の結果手続き自体には問題ないという場合には、自治体に対して現況届が送付されてこないという旨を相談してみることをおすすめします。
現況届は提出が遅れると児童手当をもらい損ねてしまう可能性もありますので、毎年6月は郵便物を入念に確認し、必ず期日内に現況届を提出するようにしましょう。

スポンサードサーチ