スポンサードサーチ

子育て世帯臨時特例給付金 内容と申請手続き 児童手当の臨時手当

子育て世帯臨時特例給付金とは

 

子育て世帯臨時特例給付金 内容と申請手続き

子育て世帯臨時特例給付金は、2014年の4月以降から支給されるようになったものです。2014年の4月から消費税が8%に増税されましたが、この増税を受けて創設されたのが、この制度であるというわけです。

子育て世帯臨時特例給付金は、臨時的な給付措置を行うことによって消費税増税による子育て世帯への経済的負担を緩和し、子育て世帯の消費を減らさないようにすることを目的としています。
具体的な支給金額ですが、子育て世帯に対し、児童1人につき1万円が支給されます。

 

 

 

支給対象者

子育て世帯臨時特例給付金の支給対象者は、平成26年1月分の児童手当の受給者であり、なおかつ、平成25年の所得が児童手当の所得制限額未満である人となります。
つまり、平成26年時点において所得制限に引っ掛かることなく児童手当を受給していた人が、この特例給付金の支給対象になるというわけですね。

 

 

対象となる児童

子育て世帯臨時特例給付金の支給対象となる児童は、以下のようになります。

 

・平成26年1月分の児童手当の対象となっている児童
・平成26年1月1日生まれ、かつ、平成26年2月分の児童手当の対象になる児童

 

 

申請手続き・受給方法

子育て世帯臨時特例給付金の申請手続きは、自宅に送付されてくる申請書に必要事項を記入し、必要な書類を添付したうえで返送、あるいは窓口に持参することによって行います。申請手続きの際には振込先金融機関口座確認書(通帳やキャッシュカードの写し)が必要となりますので、予め用意しておくことによって手続きをスムーズに進めることができます。

 

申請書を受け取った市区町村はその内容について審査し、申請者に対して「給付(不給付)決定通知書」を送付します。
給付金は基本的に、指定口座への振り込みによって支給されます。

 

 

※2015年度の子育て給付金は消費税増税10%が延長されたことを受けて無くなる見込みでしたが、2015年1月10日時点においては、3,000円程度の支給が行われるとも言われています。

スポンサードサーチ