スポンサードサーチ

児童手当 現況届 現況届の書き方

 

現況届とは

児童手当 現況届の書き方

児童手当を継続して受給するためには、1年に1回、お住まいの地域の自治体に対して「現況届」を提出しなければなりません。
ではこの現況届とは、一体どういったものなのでしょうか。ここではまず、現況届について詳しく解説させていただきます。

 

現況届とはその名の通り、児童手当を受給している世帯の“現況”を自治体が把握するためのものです。
この現況届は毎年6月上旬くらいに自宅に郵送されますので、現況届が届いたらこれに必要事項を記入し、提出します。
そして現況届を受け取った自治体はその者が児童手当を引き続き受給し続けることができるかどうかを審査し、6月分以降の児童手当支給の可否を決定するのです。

 

現況届を提出しないと継続して児童手当を受給することができなくなりますので、期限内に必ず提出しましょう。

 

 

現況届の書き方

毎年現況届を書いて提出しなければならない、といわれても、具体的に何を書けばいいのかよくわかりませんよね。そこでここからは、現況届の書き方について解説させていただきます。

 

自治体によってその様式には若干の違いがありますが、現況届には受給者に関する情報や加入している年金の種類、児童に関する情報、所得に関する情報などを記載します。
また現況届には「監護の有無」について記載する欄がありますが、監護の有無というのは簡単に言うと、児童を養育しているか、ということに関する質問です。前年と変わらず児童を養育している場合には、「有」となります。
ちなみに「無」の方をチェックした場合、児童手当を受給することはできません。

 

 

現況届が郵送される際はその書き方を説明する書類も同封されていますので、それを参照にしながら丁寧に記入していきましょう。
不明点に関しては自治体のHPを見たり、電話や窓口で確認したりすることをおすすめします。

スポンサードサーチ