スポンサードサーチ

児童手当の目的と受給資格者

 

児童手当の目的と受給資格者

児童手当は誰でも受け取ることができるというものではなく、支給を受けるためには一定の条件を満たしていなければなりません。

ここでは、児童手当の目的やどういった方が受給資格者になるのかということについて解説させていただきます。

 

 

児童手当の目的

そもそも児童手当制度は、どういった目的で創設されたのでしょうか。
児童手当制度は、児童を養育している方に対して手当を支給することによって家庭生活の安定を図るとともに、次世代の社会を担う児童の健全な育成や資質の向上に貢献することを目的として創設されました。
つまり児童手当は、各家庭の子育てにかかる費用負担を軽減することによって児童の教育の充実を図り、次世代を担う、健全かつ優秀な児童を育てるために支給されているというわけですね。

 

 

児童手当の支給対象者

児童手当の支給対象となるのは、「国内に住所を有する中学校終了までの児童」となります。
もう少し詳しく言うと、児童手当をもらうことができるのは15歳に到達して最初の年度末を迎えるまで、ということになります。

 

 

児童手当の受給者

次に児童手当の受給者について解説していきます。
児童手当の支給“対象者”はあくまでも児童ですが、実際に手当を受給するのは「児童手当の支給対象者の養育者」となります。
一般的には児童の父母ということになり、両親どちらかのうち、所得が高い方が手当の受給者となります。ただし自治体によっては、所得の高低ではなくどちらが児童の健康保険を負担しているのかという点に基づいて受給者を決定しているところもあります。

 

また受給者は両親でなければならないというわけではなく、例えば両親がおらず祖父母が養育者であるという場合、そのどちらかが受給者となります。

 

 

ちなみにこの児童手当ですが、国や地方公共団体、事業主拠出金によって財源が構成されています。

スポンサードサーチ